男のプライドを取り戻す!

ED治療薬をまさか自分が使うことになるなんて!って思って凹んでしまった男性も多いでしょう。

10代や20代なんてまさに性欲の塊だった!!なんていう人も多いはずです。

草食系男子だなんて全然言われないガッツリ攻めに攻めていたなんていう人もいますが、年齢を重ねれば重ねるほど性的欲求が沸かなかったり、ただ喋っているだけで満足しちゃうという人も多かったと思います。

一般的に30代を超えたあたりから徐々に性に関する欲求というのが減ってくると言われています。

しかし、性的欲求や興奮が衰え始めるからといって急にゼロになるわけでもありませんし、逆に性的興奮があってもちゃんと勃起をしなかったり、途中で萎えてしまったりしたらどうでしょうか?

やはり男としてのプライドがなくなってしまいますよね。恥ずかしい思いをしてしまうわけです。

性的欲求があり、いざ性行為をする時にはきちんと性行為が出来る状態にはなりたいですよね。

週に何回もしろ!というわけではありません。

しかし、月に1度か2度、出来れば週に1度ぐらいのペースでは性行為をすることが男女間では大事なんです。

勃起不全になるということは自分だけではなくてパートナーも傷ついてしまうものです。

女性からしてみれば勃起不全の原因は「自分に魅力が無くなったからだ」とか「もう愛していないんだね」っと勘違いをしてしまっている人が大半です。

性的欲求が沸いても勃たないのが勃起不全なんです。

しかし、それを男性も理解していない人が多いです。

勃起のメカニズムとして、まず性的欲求や興奮を視覚や嗅覚、シチュエーションから脳が勃起をしろという命令が下って、そこから陰茎海綿体に血液を一気に回して勃起へと至ります。

つまり、血液を集めて勃起をするわけです。

勃起不全というのは血液を集めろと脳が指令を出したのにも関わらず、十分に血流が集まらなくて勃起をしなかったり途中で中折れしてしまうのです。

性的欲求があっても勃起しないのは決して女性に対して魅力がなくなったからという理由ではありません。

とはいえ男性も年齢を重ねれば重ねるほど性的欲求が薄まってしまうわけですから一度勃起不全になってしまうと焦ってしまいます。

次こそはしっかりと勃起をしなくちゃいけない。

彼女や奥さんをガッカリさせたくないと思って気持ちが焦ってしまいます。

次こそは!次こそは!!といった感じで性行為を楽しもうとするのではなくてきちんと勃起をするのかどうかで気持ちが先行してしまってより緊張してしまい性行為が苦痛に感じてしまうようになり、より勃起不全が進んでしまうのです。

そうなってしまうともういいやって性行為をすること自体を諦めてしまいがちです。

勃起をするかしないかのプレッシャーや勃たなかった時のことを考えると仕事が忙しいとか、今疲れているからといういい訳をしてどんどん避けてしまうのです。

そうなるとより性行為に対する苦手意識が高まってしまい、そのままセックスレスになってしまいます。

セックスレスになってしまうと裸と裸の付き合いがなくなってしまうので夫婦での腹を割って話せる場所がなくなってしまいます。

性行為の前後などで話をしたり性行為をすることで愛の確認作業が出来たり、終わった後に、実は不満があったんだ!って普段言えないことが言えたり、イチャイチャすることで愛が深まっていくものです。

離婚をする夫婦のほとんどがセックスだったりしますし、普段は口論や口喧嘩をする夫婦でも性行為があればすぐに仲良くなったりします。

性行為をすることでお互いの絆を確かめ合うキッカケになるわけです。

勃起不全によって性行為に対して苦手意識が芽生え始めている人は是非ともED治療薬を試してみてください。

ED治療薬を試したことがない人でも有名なのがバイアグラですよね。世界で始めて効果が実証された勃起不全の治療薬として発売されました。

老若男女誰もが知っているED治療薬です。

しかし、バイアグラが誕生したのは1998年です。

かなり昔であり、今はバイアグラ以外のED治療薬も出ていて特徴があります。

バイアグラの次に発売されたのレビトラというED治療薬です。

レビトラの特徴は即効性に優れていて早い人で15分から効果を実感することが出来るED治療薬です。

そのため、逆算をして服用することがないので服用して性行為をしたとしてもちょっと布団の中で会話をした後に性行為をすればいいので計算をしなくていいので使いやすいというのがあります。

またレビトラの次に発売された第3のED治療薬なのがシアリスです。

このシアリスは1錠飲めば最大36時間もの効果持続作用がありますので金曜日の夕方に飲めば日曜日の朝まで効果を発揮するということもあり、1錠で週末を乗り切れるということで「ウィークエンドピル」とも呼ばれています。

大体、平日は一生懸命働いて土日が休みという人は多くカップルや夫婦も性行為をするのは週末という人が多いです。

シアリスはその週末を乗り切れるということもあり、非常に世界中で人気があり、世界シェア率NO.1にも選ばれたことがある薬です。

ED治療薬もそれぞれ特徴があります。また薬が効いてくる時間も違うので詳しくはそれぞれの紹介ページで詳しく説明をしていきます。

とはいえED治療薬を試してみたくても中々試せない理由として金銭的な理由が挙げられます。

例えばバイアグラ1錠あたりの値段は1,500円~1,800円程度です。

1錠あたりです。

中々の値段がしますよね。

ED治療薬は保険適用外のためどうしても値段がかかるものです。

しかし、ED治療薬にもジェネリック医薬品が販売されています。

試してみたくてもお金がかかるという理由から中々手が出せないという人もジェネリック医薬品ならば非常に手軽に購入できます。

また医薬品個人輸入代行サイトを利用してまとめて購入することで割引が適用されるので通常の値段の5分の1よりも安い値段で買えるものもあります。

かなりお得なんです。

さらに日本ではまだバイアグラのジェネリック医薬品しか認められていませんが、医薬品個人輸入代行サイトを利用すればシアリスジェネリックを購入することが出来ます。

日本の病院で処方されている最新のED治療薬のジェネリック医薬品が手に入るのです。

また日本ではシアリスが最新のED治療薬かもしれませんが、実は日本の医薬品は決して最新の薬ではなくて、むしろ先進医療国と比べるとかなり遅いと言われています。

分野によってまちまちですが、先進医療国よりも10年は遅れているというところも決して珍しくはありません。

10年違うというのがどれだけ違うのかというと携帯で考えるとイメージしやすいと思います。

世界中がスマホを使っている中で日本だけがスマホが使えず携帯しか使えないというぐらい遅れています。

ED治療薬でも日本における最新の薬はシアリスですが、世界で今爆発的に普及しているのがステンドラと呼ばれる薬です。

これはまだ日本では未承認のため病院に行っても処方されません。

これが医薬品個人輸入代行サイトを利用すればステンドラのジェネリック医薬品であるアバナがもう販売されています。

医薬品個人輸入代行サイトの素晴らしい点として、まとめて買えば割引されるだけでなくジェネリック医薬品が変えるだけではなくて、世界に誇る最新の医薬品を手に入れることが出来るという点でも利用すべき価値があるのです。

バイアグラ・レビトラ・シアリスを通販で購入することが簡単に出来るわけですから今後は医薬品個人輸入代行サイトが主流になってくる時代です。

昔は通販なんて流行らないと言われていた時代もありましたが、もはや通販は誰もする身近なサービスですし、医薬品個人輸入代行サイトも海外から取り寄せる通販という意味でも利用方法は同じなので、今後は主流になってきます。

当サイトでも医薬品個人輸入代行サイトの使い方や注意すべき点などを紹介していきます。

ED治療薬をまずは1錠試してみて男の尊厳を取り戻し男女な良好な関係を築いていきましょう。

ED治療薬一覧

バイアグラ

レビトラ

シアリス

ステンドラ

ED治療薬をネットで買おう