通販サイト 100mg(4錠) 200mg(4錠)
あんしん通販薬局 3,480円(ジェネリック) -
オオサカ堂 4,197円 6,267円
お薬なび 5,400円 7,200円

即効性と食事の影響を受けづらい特徴を併せ持つED治療薬

医薬品は常に進化をしています。

昔からあるものが効果がないというわけではないですが、コンセプトが違ったり、さらに既存のものを昇華させたりしています。

世界で始めて医薬品として認められた治療薬がバイアグラが誕生したのが1998年で、それから20年以上経っているわけですから当然色々なED治療薬が誕生しています。

日本で今現在処方されているのはバイアグラ・レビトラ・シアリスの三つで、この三つは非常に知名度が高いこともあり、三大ED治療薬なんて呼ばれ方もしています。

しかし、先ほども言いましたが、日々医薬品というのは進化しており、この三大ED治療薬以外にも新しいED治療薬というのは誕生しています。

日本ではまだ未承認ながらも世界中で利用されて承認されています。

シアリスが誕生して日本で承認されるまでに4年以上もの歳月がかかったように日本は承認されるまでに非常に時間がかかります。

世界中で人気があり、多くの人に利用されている次世代のED治療薬とも第4世代のED治療薬とも呼ばれているのがステンドラなんです。

このステンドラの特徴としてはシアリスのような食事の影響を受けづらいという点と、レビトラと同じ即効性があるといった点です。

そしてバイアグラと同じ5時間ほど効果が持続されるという点です。

これまでに発売されたED治療薬の特徴を組み合わせたハイブリッドなED治療薬ともいえます。

もともとこのステンドラの主成分であるアバナフィルは日本の田辺三菱製薬会社が開発を進めていましたが、アメリカのVIVUS(ヴィヴス)社に日本と一部のアジアを除いた全ての販売権を譲渡したのです。

開発がVIVUS社に渡ってアメリカで認可されて今は世界中の人に利用されています。

ステンドラもこれまでのED治療薬と同様に3つの規格から販売されています。

これまでのED治療薬と主成分の表記が違うので気をつけてください。

主成分アバナフィルの含有量の違いで【50mg錠・100mg錠・200mg錠】の3つから販売されています。

日本人の体型であれば100mg錠で十分に効果を発揮するといわれていて、200mg錠の場合は副作用が強く出てしまう可能性があるので100mg錠か200mg錠を半分に割って服用するようにしましょう。

ステンドラの1錠あたりの値段は大体1,800円前後です。

試しに利用したいなぁ~って思っていても値段を気にする人もいるでしょう。

しかし、日本ではまだ未承認の薬で病院で販売されていないステンドラですが、もうすでにジェネリック医薬品が販売されています。

それが「アバナ」です。

アバナはジェネリック大国インドで開発されていて非常にインドをはじめとした世界中に利用者がいます。

ステンドラを試してみたいけれど値段がなぁって人はアバナであれば半額以下の値段で購入することが出来ます。

日本では未承認の薬がもう世界ではジェネリック医薬品まで販売されています。

最新の医薬品を購入したいのであれば医薬品個人輸入代行サイトから購入しましょう。

アバナを購入したい方はこちら↓↓

>>アバナを購入する<<

ED治療薬一覧

バイアグラ

レビトラ

シアリス

ステンドラ

ED治療薬をネットで買おう