1年以上は持つ

ED治療薬の保存方法

封を開けたらなるべくすぐに服用する

ED治療薬をはじめとした医薬品というのはきちんとした保存さえすれば長持ちしますが、逆に正しい保存をしておかないとあっという間に劣化してしまうので注意が必要です。

医薬品個人輸入代行サイトで一度にまとめて購入すれば割引がかなり適用されるので一度試して効果が実感できて長く付き合っていけると思ったらまとめて購入するのをオススメしますが、その分保存場所にはこだわりたいところです。

だからこそまずはしっかりとした正しい保存の方法を知りましょう。

まず最初にED治療薬を保存する場所として湿気・日光・高温を避けて室内で保管することが大切で酢。

薬全般に言えることですが、光や温度、湿度などによっても効果が落ちる場合が多くあります。

基本は湿気・日光・高温は避けるように保存がベストです。

高温多湿な場所を避けておけばある程度温度が一定の場所は室内には多いでしょう。

人によって高容量配合されたED治療薬を半分に割って使う人もいるかもしれません。半分に割って効果が実感できればさらに節約できるのでかなりお得に感じると思います。

しかし、残ったほうの保存方法に困っている人もいると思います。

まず薬を保存するに当たって大切なことは外気に触れないということです。半分に割って残ったほうは外気に触れないようにサランラップに包みましょう。

このときもなるべく空気を含まないようにピンと張った状態で包むようにしましょう。

サランラップで包んだら、密閉できる瓶やサプリメントケースに入れてとにかく外気に触れないように二重の対策をします。

それでも劣化はどうしても避けられないので、なるべく半分に割ってから1週間以内で服用、出来れば3日以内に服用するのが望ましいとされています。

よく薬の保存場所に置いている箇所として多いのが冷蔵庫です。

たしかに外気にも触れず高温多湿にもならないですし、一定の温度で管理されているので薬の保存場所にもオススメできます。

ただし、1点だけ気をつけたいこととして夏の暑い日に涼しい冷蔵庫の中から急に夏の暑い気温のところに持ち運ぼうとした場合、温度差によって薬が結露しやすくなるという問題が生じます。

薬の表面が湿気を帯びると、変形したり、固まったりして飲みずらくなることだけは気をつけてください。

また大量にまとめて購入した場合、冷蔵庫に入れて置けないという人もいると思いますのでその場合はキッチンの棚の風通しの良いところに置くようにしましょう。

よく保存場所にしてしまうのが車の助手席のダッシュボードに入れてしまっている人が多いですが、冬はまだしも夏などの暑い季節には信じられないぐらいに温度上昇します。

場所によっては目玉焼きが出来るぐらいまで温度が上昇するので薬の保存場所としてはオススメできません。

置いておきたくなるものですが、置かないほうが薬は長持ちするでしょう。

また何かしら薬に含んだ時に変な味がしたり、舌触りが変だったりした場合は勿体無いと思うかもしれませんが、素直に破棄するようにしましょう。

勿体無いからといって服用しても薬の効果がないだけではなくて、体調を崩してしまう可能性もあります。

新しい薬を服用することをオススメします。

複数の場所においておくことはせずに一箇所にまとめて置いておいたほうが管理もしやすいです。

ED治療薬一覧

バイアグラ

レビトラ

シアリス

ステンドラ

ED治療薬をネットで買おう