妊活中にEDになる人は多い

ED治療薬の妊娠への影響

妊活専門の病院でもED治療薬が出される

意外に思われるかもしれませんが、妊活中に男性が勃起不全になってしまうことって多いです。

これは年齢に関係なく若い人でもなってしまいます。

というのも妊活をする際に最もポピュラーで最初に行うのがタイミング法です。

タイミング法というのは妊娠しやすい排卵日の2日前から性行為を行うことで、自然懐妊を目指すというやり方です。

排卵というのは月に1回しかないため排卵時期以外に性行為をしても妊娠することは基本的にはありません。

ですから子供が欲しいとおもったらやみくもに性行為を回数を重ねるよりもある程度狙い撃ちをしたほうが妊娠する確率は上がります。

一般的に排卵時期は、おおよそ排卵日の3日間を指し、精子が膣内で活動できるのが大体2・3日と言われているので排卵日の2・3日前に性行為をするのが望ましいのです。

このタイミング法は排卵日の予測をした上で行う必要があり、そのためにおもに「基礎体温の計測」「排卵検査薬の使用」「病院での治療」の3つがあります。

妊活をするならばまずは不妊治療の専門の病院に行って基礎体温のやり方を学ぶことや次回の排卵日などを正確に検査をしてもらったほうがいいです。

子供が欲しくても中々恵まれない人たちは悩んでいる人も多いです。

そんな中でタイミング法は必ず行うものです。

ただ、そんなタイミング法を試みようと思った矢先に男性がEDになってしまうことは多いのです。

なぜかというと今までは性的欲求に任せて性行為を行っていたものが、タイミング法で排卵日に合わせて性行為を行わなければいけません。

またどんなに疲れていようとも仕事で嫌なことがあろうとも必ず性行為をしないと次月へ持ち越しになってしまいます。

気分が乗らないとか、性的欲求がなくても無理やり奮い立たせて性行為を“行わなければいけない”ということで男性側が中々勃起しづらくなってしまうのです。

この性的欲求に関わらず必ずしなければいけないという見えないプレッシャーを感じてしまって勃起不全になってしまう男性が多いです。

女性からしてみればしっかり性行為ぐらいしてよ!って思って、イライラが溜まってしまうかもしれませんが、それでも男性としても何とかしたいと思っているわけです。

そういったプレッシャーがさらに勃起不全となってしまいます。

そんな時にも活用できるのがED治療薬です。

ED治療薬だったらスムーズに勃起できるようにサポートしてくれるので、安心です。

ただ、ED治療薬を服用して妊活をしても大丈夫か?って思うのは当然あると思います。染色体異常の原因になるのではないかとか精子や胎児に悪影響にはならない?って思うかもしれませんが、大丈夫です。

そもそもED治療薬というのは血管を拡張させて血流をよくするもので、精子に影響や胎児に影響を与えるようなことはありません。

もし影響を与えるようなことがあった場合、ED治療薬として販売は絶対に認められないでしょう。

不安だと思ったら直接不妊治療専門の医者に相談をしてみましょう。

実際に不妊治療専門の病院でも最初に念のため1錠渡されることもあります。不妊治療が始まったら勃起不全になる人もいるからこそ渡されるのです。

安心して使うことが出来ます。

ED治療薬一覧

バイアグラ

レビトラ

シアリス

ステンドラ

ED治療薬をネットで買おう