通販サイト 10mg(4錠) 20mg(4錠)
あんしん通販薬局 5,480円 5,880円
ベストケンコー 7,095円 5,880円
くすりExpress 7,095円 5,580円

最短15分で効果を実感する即効性が魅力

レビトラについて紹介します。

バイアグラの次に発売されたことで第2世代のED治療薬とも言われています。

世界的に有名な医薬品アスピリンで世界に名だたる製薬会社であるバイエル社から発売されるということもあり、かなり話題になりました。

基本的にバイアグラとレビトラというのは非常に似ていて、ほとんど同じですが、レビトラの最大の特徴は空腹時に服用した場合、早い人で15分ごろから効果を実感します。

即効性があるというのがバイアグラとの明確な違いと言えるでしょう。

というのもレビトラの主成分であるバルデナフィルは水溶性であり、非常に溶けやすい性質をしています。

そのため胃の中に入ってからすぐに溶け始めて成分が吸収されるようになっています。

バイアグラの場合は性行為の1時間前に飲むのがベストということで、性行為をする為に逆算をしなければいけなかったものが、レビトラの場合は性的欲求が沸いたりそろそろ性行為をするなぁ~ってなんとなく分かった時に服用すれば間に合うのです。

それこそ性行為をする際に女性をシャワーなどに入れている間に服用してその後自分がシャワーを浴びて性行為をすれば十分間に合うわけです。

即効性がある分非常に使い勝手が良いのです。

レビトラもバイアグラと同様に3つの規格から販売されています。

主成分バルデナフィルの含有量の違いから【5mg錠・10mg錠・20mg錠】の3つで販売されています。バイアグラとは規格の表記が違うので注意してください。

基本的に5mg錠の場合は含有量が少ないため病院でも処方されることは少なく、日本人の体型ならば10mg錠で十分効果を発揮すると言われていて病院では基本は10mg錠を処方されることが多いです。

ただバイアグラと違う特徴はもう1つあり、レビトラの場合は10mg錠で最大8時間、20mg錠で最大10時間もの効果が持続します。

つまりバイアグラの倍以上効果が持続するということです。

レビトラはその即効性がありがたくて注目されがちですが、持続作用時間も長いです。

そのため夕方あたりに1錠服用しておけば後はその日は問題なく性行為を行うことが出来るのです。

1錠服用してしまえば大体半日は持つということも支持されている理由です。

そんなレビトラですが、まだジェネリック医薬品は日本では販売されていませんが、ジェネリック大国であるインドではジェネリック医薬品が販売されていました。

しかし、今現在は店頭や在庫分しか販売されません。

すなわち在庫がなくなり次第販売終了となってしまいます。

なぜ販売終了になるのかというとインドでは新薬が開発された際の特許の捉え方が違います。

簡単に説明するとバイアグラのようにこれまでにない新薬である場合には国際的な特許が適用されますが、ちょっと化学式を変えた位のものや似ているものに関しては特許は当てはまらないという法律があるのです。

これはしばしば国際的に批判を浴びており、今回レビトラ側が裁判で勝訴をして今ある分を除き新たに製造をしてはいけないと決められたのです。

インドの法律は国際的には問題視されていますが、それでも国境なき医師団や貧困層の救済など国際的に助かっている部分もあるためグレーゾーンとなっています。

問題視されていても医薬品を安く購入できるのは購入側として嬉しいですよね。

レビトラのジェネリック医薬品で有名なのがバリフです。

今のうちに購入をしておかないと今後値上がりしてしまう可能性があるので興味がある人は早めの購入をオススメします。

バリフを購入する↓↓

>>バリフを購入する<<

ED治療薬一覧

バイアグラ

レビトラ

シアリス

ステンドラ

ED治療薬をネットで買おう