ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品について

同等の効果ということに注意

ジェネリック医薬品というのは日本でもかなり知名度が高くなってきて利用される人も増えてきました。

ただし、類似商品とかコピー商品みたいな言い方をされたり、中には消費期限が切れた医薬品みたいな間違った認識をしている人もまだまだいます。

もし消費期限が切れた医薬品であるならばそれは効果がないですよね。

消費期限が切れた医薬品を国が推奨することはありませんよね。まだまだ知名度は高まっているものの認識はされていないのが現状です。

ED治療薬にもジェネリック医薬品がありますし、医薬品個人輸入代行サイトを利用すればまだ日本で発売されていないED治療薬のジェネリック医薬品も購入することが出来ます。

医薬品個人輸入代行サイトについて詳しく知りたいという方は『医薬品を通販で購入する』をご覧下さい。

ジェネリック医薬品というのは後発医薬品のことであり、ジェネリックは世界基準の言葉です。

新薬(先発医薬品)の特許が切れた医薬品です。

よく消費期限が切れた医薬品と認識している人がいますが、“特許”が切れた医薬品ですので勘違いしないようにしましょう。

というのも新薬として認めれた薬は特許として独占的に20年近く販売することが認められています。

そして特許期間が過ぎて他の製薬会社でも製造された医薬品のことなのです。

なぜ他の会社が同等の成分が配合された薬を作るの?って思ったらそれは開発コストと期間をかなり削減出来るためです。

新薬として認められたら特許である成分などを公開する必要があります。

ジェネリック医薬品を作ろうと思った場合その公開されたものをもとに作ればいいわけですから予算をかなり抑えられます。

元々新薬を開発しようと思ったら開発期間に10年以上、さらに予算に関しては100億円以上もかかることがあります。

莫大な予算と期間がかかるわけですが、ジェネリック医薬品の場合は開発期間は3年~5年、開発コストに関しては10分の1程度に抑えることが出来ます。

かなり安く薬の開発が可能となるのです。

しかし、ポイントとしてみておきたいのが日本のジェネリック医薬品の審査はかなり厳しく、成分が公開されているとはいえ3年~5年もかかります。

新薬と同じように薬が効くのかどうか、開発施設は清潔に保たれているのか?など厳しい項目をクリアしていく必要があります。

そのためジェネリック医薬品は効果が無いというのはまずありえないことなので、ただの思い込みだったりたまたま薬との相性が悪かったともいえます。

開発コストが10分の1であるため、商品もかなり値段を抑えて販売することが出来るので多くの製造会社が販売をしているのです。

日本の技術は素晴らしく海外からもジェネリック医薬品をまとめて購入しにわざわざ日本に来る人もいるほどです。

ED治療薬で有名なバイアグラも特許期間が過ぎたことで多くの日本の製造メーカーが販売をしていて、小さく飲みやすく加工されたもの、味つきのものだったり、今ではOD錠と呼ばれる薄い舌の上で溶ける薬なんかも販売されています。

ただし、他のレビトラやシアリスに関してはまだジェネリック医薬品を購入することが出来ません。その場合は医薬品個人輸入代行サイトを使って海外から購入する必要があります。

ジェネリック医薬品は今後ますます需要が伸びていくことは間違いないですし、安心して服用することが出来ます。

ED治療薬一覧

バイアグラ

レビトラ

シアリス

ステンドラ

ED治療薬をネットで買おう