若い人ほど改善できる

勃起不全の原因と改善方法

暴飲暴食を避けて健康生活で過ごす

勃起不全に悩まされてしまっている男性は年々増えていっていると言われています。これは日本だけではなくて世界中に勃起不全に悩む人は増えて言っています。

ただ単純に人口が増えているからでしょ?って言いたくなるかもしれませんが、50代や60代だけではなくて30代、下手をすれば20代といった若い人でも勃起不全になりやすいのです。

勃起不全の原因は主に年齢のせいだと思っている人が多いですが、それ以外にも原因というのは色々とあります。

まず最初に年齢のせいで勃起不全になりやすいというのは間違いありません。

年齢を重ねれば重ねるほど性的欲求自体が沸きづらくなったり、性的な興奮もしづらくなっていきます。

しかし、年齢による勃起全の原因は2番目なんです。

勃起不全になる原因として最も多いのは実は糖尿病・高血圧症・脂質異常症と呼ばれる生活習慣病からなると言われています。

特に糖尿病患者の実に8割の人が自身が勃起不全だということを“自覚”していて、自覚をしていない人を含めるとかなりの数になると言われています。

勃起の仕組みとしては性的興奮が沸くと脳が勃起をしろ!という支持を出して、そこから血流を陰茎海綿体に集めるわけです。

このときに糖尿病や脂質異常症の人たちは血液がドロドロであるため血液の流れが非常に鈍くて陰茎海綿体にうまく血液が集まりません。

そのため勃起不全になってしまうのです。

これが勃起不全の原因の第一ですので、まずは若い人でもシニア世代の方でも勃起不全になったら病気のサインだと思って糖尿病なのではないかって疑いましょう。

また若いうちから勃起不全に苦しんでいるという人は毎日ストレスを感じていませんか?

ストレスにより自律神経が乱れてしまって性欲が沸かずに勃起不全になってしまうという人も多いのです。

朝から夜遅くまで働き、休みの日も少なくて毎日ストレスを感じる仕事をしていながらも給料は一向に上がらずに将来の不安が常に付きまとっているわけです。

常にストレスを抱え続けていると人は自律神経が崩れるだけではなくて、精神的にもうつ状態になってしまいます。

うつ病患者は勃起不全だという人が非常に多く若い人でも勃起不全になりやすい原因とも言われています。

また若い人で勃起不全だという人は女性から性行為の時に「Hが下手」などの心無い一言を言われてしまったことが原因で性行為自体に苦手意識を持ってしまい、性行為から自然と遠ざかってしまっていることで勃起不全になってしまう人も多いのです。

他には事故などによって下半身周りの手術をした際に神経を傷つけてしまったなどの原因などもあります。

色々な原因があるわけです。

ただし、手術などにより神経を傷つけてしまったなどの理由を除いて、勃起不全になった人というのは改善できる方法があります。

何も勃起不全は一度でもなってしまうとそれ以降は勃起不全のままというわけではないのです。

むしろ若い人ならばちょっとしたことで改善することが出来ます。

そのための改善方法としてオススメしたいのがランニングと生活習慣の改善です。

ランニングというのは全身運動であり、有酸素運動です。ランニングシューズ1つあれば今すぐにでも始められますよね。ゆっくりと遅いペースでいいのでまずは30分ほどランニングをしましょう。

呼吸は一定に保つことを目的としてちょうど信号が青から赤に変わったところを渡るぐらいの小走りで大丈夫です。

とにかく長距離を走ることを目的に走りましょう。

身体を動かすことで気持ちがリフレッシュします。

ランニングをスタートしていき慣れてくれば自然と身体を鍛えようといった気持ちになっていきます。

さらに暴飲暴食を避けたり、規則正しい生活をしていくことが大切です。今は脂質の多いものだったり、どうしても偏った食事をしてしまいがちです。野菜や魚を中心として適切な量を摂るようにしましょう。

徐々に気持ちが前向きになって行き、自律神経も整っていきます。

うつ病患者がスポーツを継続して規則正しい生活を行ったところかなりの人が改善されたという結果も出ています。

勃起不全を解消したいと思ったらまずは体を動かして規則正しい生活をし、バランスのいい食事を摂ることが大事です。

健康的な毎日を送るということを始めてみましょう。

ED治療薬一覧

バイアグラ

レビトラ

シアリス

ステンドラ

ED治療薬をネットで買おう