命に関わる危険性もある

ED治療薬の併用禁忌薬

身近にある意外なものが禁忌に指定されているものもある

ED治療薬は非常に素晴らしく世界中で利用されている薬ですが、全ての人が服用していい薬ではないということに注意をして下さい。

「薬でしょ?」だから身体にいいんでしょ?って思ってしまっている人がいますが、日本ではED治療薬は病院でしか処方されません。

それは副作用があるからです。

この副作用はかなり強くて、使い方を誤ってしまったら命の危険にまでいたることがあります。

大げさと思うかもしれませんが、これまでに大量に服用したことで救急車で運ばれてしまったり、命の危険にまで至った人もいます。

決して大げさではないのです。

とはいえどの薬が併用してはいけない薬なのか1つ1つ覚えていられる人なんてたぶん医者でも難しいのではないでしょうか?

商品名も紹介していますが、全部は覚えきれないと思いますのでどういった系統のものが併用禁忌薬になっているのかぐらいは把握しておきましょう。

【狭心症などの治療に使う硝酸剤系の薬】
ED治療薬と絶対に併用をしてはいけないのがニトログリセリンに代表されるニトロ系の薬です。

もともとED治療薬は狭心症に対する薬として最初は開発がスタートしていましたが、そこからED治療薬へと開発が変わっていった経緯があります。

狭心症を患っていたり、心臓や血管に関する薬を使っている場合は、ED治療薬も同じように血管を拡張する働きがあるので、同時に使うと血管が広がりすぎてしまうので絶対に併用をしてはいけません。

またニトロ系の薬は色々なタイプが発売されています。

タブレット型から張り薬や注射、スプレー、舌下錠、吸入薬などが発売されていますが、どのタイプでも禁止です。

大丈夫と自己判断で安易に使うのだけは避けてください。

【肺高血圧症で用いられるアデムパス】
最近追加された併用禁忌薬であり、古い冊子には載っていないので注意が必要です。ED治療薬と併用すると血圧が下がりすぎてしまうので併用禁忌薬に指定されています。

【水虫の治療などで使われる内服の抗真菌薬】
比較的身近な薬で、全く接点が結びつかない薬でも併用禁忌薬に指定されています。

それが水虫の菌やカビなどを退治する内服薬の抗真菌薬です。

一緒に併用してしまうと肝臓に負担がかかってしまいED治療薬の代謝がされずにED治療薬の効果が強く出てしまうため禁忌に指定されています。

水虫の薬は男性は利用している人もいて身近な薬であることから見落としがちですので注意してください。

ただし、口から飲む薬は禁止ですが、塗る薬では問題ありません。医者に相談して薬を変えてもらうようにしましょう。

【HIVの治療薬とC型肝炎の治療薬】
HIVやC型肝炎に対しての薬は肝臓に負担がかかり、ED治療薬を併用してしまうと効果が強く出すぎてしまうので併用禁忌薬になっています。

日々新しい薬が誕生していますので一概にこれが全てというわけではないですが、この系統の薬を使っているとなったらまずは医者に相談をしましょう。

むしろ今現在薬を使っている人は注意が必要ですのでED治療専門の医者にいき、「こんな薬を使っています」と包み隠さずに説明しましょう。

ED治療薬一覧

バイアグラ

レビトラ

シアリス

ステンドラ

ED治療薬をネットで買おう